環境地水学研究室

土壌圏における物質移動現象を科学する

土壌は、非常に貴重な天然資源です。昨今、その土壌が劣化する砂漠化、塩類化をはじめ、工場や家庭からの排水による土壌汚染、そして地下水汚染や、農地において貴重な土壌が失われる土壌侵食といった問題が起きています。これらは、重要な地球環境問題です。ところが、土壌に関わる様々な物理・化学・生物的な現象について、まだたくさんのブラックボックスがあります。そこで、環境地水学研究室では、まず国内、海外のフィールド(たとえば塩類化が起きている中国など)における現地調査・測定にて、様々な問題が、どのようにして実際に起きているのかを調べます。また、現地の土を実験室に持ち帰って、その土はどういう性質の土なのか、現場で起きている現象を再現できるのか、といったことを徹底して調べます。このように、様々な実験で得られたデータを解析することで、土の中で起きている現象を明らかにしています。

▲土壌調査風景
▲土壌調査風景
▲原位置透水試験の様子
▲土壌から出るCO2の評価

  • 土壌環境保全が地球環境に与える影響
  • 化学物質の形態と移動に関する研究
  • 土壌中の物質循環過程の解明
  • 土壌科学を基礎とした沙漠化防止、持続的農業 に関する研究
  • 土壌汚染の予測と対策

教員

教授 西村 拓 准教授 濱本昌一郎(卓越農学研究分野,卓越研究員)

連絡先等

03-5841-5350
http://soil.en.a.u-tokyo.ac.jp/
staff@soil.en.a.u-tokyo.ac.jp