卒業後の進路

過去のデータをもとに、進学・就職動向を紹介します。学部卒業後は、大学院修士課程への進学が7割と最も多く、ついで民間企業への就職が多くなっています。民間企業への就職では、メーカーやサービス、コンサルタント、情報関係、金融など多岐にわたっています。  修士課程終了後の就職先としてはメーカーやサービス、コンサルタント、情報関係、官公庁が多くなっています。博士課程への進学者も多く、修了後は主として大学や研究機関に就職しています。また経営コンサルタントやシンクタンク、システムエンジニアとしてソフトウェア・情報関連の会社に行く人が増えています。  官公庁への就職では、農林水産省がもっとも多く、農水省を通じての海外派遣、各国大使館への派遣など、国際的に活躍する卒業生を多く輩出しています。

主な就職先(修士修了者も含む)

サービス・コンサルタント・情報

PwC、NTCコンサルタンツ、 日本総合システム、A.T. カーニー、 GOOYA、TSP、イトクロ、 ウルシステムズ、デジタルプロセス、 東京セントラル特許事務所、 フィールズ、フューチャーアーキテクト プロジェクトデザインなど

製造業・建設業・運輸業・食品産業

日清製粉、クボタ、鹿島建設、 西日本旅客鉄道、富士通、LIXIL、 キッコーマン、サントリーフーズ、 サントリーホールディングスデュポン、 ニチレイフーズ、ニトリ、ブルボンなど

金融・保険・証券

三井住友銀行、みずほ銀行、 東京海上日動火災保険、農林中央金庫、 バークレイズキャピタル証券、 三菱UFJモルガン・スタンレー証券、 三菱東京UFJ銀行、大分銀行、 日本政策金融公庫など

官公庁

農林水産省、東京都、経済産業省、原子力規制庁、 文部科学省、愛知県、宮城県、山梨県、神奈川県など

通信・マスコミ・出版

博報堂など

商社・小売り

三菱商事、伊藤忠、豊田通商など


 

大学院進学のすすめ

生物・環境工学専攻では、人口・食料・環境・エネルギーの諸問題にかかわる最先端の研究が行われています。  本専攻の修士課程では、学生生活の多くを修士論文のための研究に費やすことになります。修論研究では、卒論研究の経験を生かして、より高度なテーマに取り組むことが出来ます。また研究を通して、ある課題を解決するための計画や方法を考えたり、先生や仲間と議論したりすることは、将来どのような道へ進んでも必ず生きてくる経験です。  修士課程を終えた後は、民間企業や官公庁へ就職する人が多く、分野も専門性を生かしたものからそうでないものまで様々です。また、博士課程へ進学して研究を続け、研究職を目指す人も相当数います。  生物・環境工学専攻で、有意義な学生生活を送ってみませんか?