連携講座 エコロジカル・セイフティー学

連携講座(エコロジカル・セイフティー学)

グローバルな地球温暖化などの原因により、それぞれの地域での農業生産を巡る自然条件が変化し、農業の持続的生産や農村環境が大きな影響を受けることが危惧されています。エコロジカル・セイフティー学講座は、全部で4つの専門分野(研究室)で構成される大学院の講座で、生物・環境工学専攻に大気環境学・土壌環境学・物質循環学・生態系計測学の4研究室が置かれます。本講座は安全な農業生産の基礎となる環境について基盤的かつ先進的な研究を進めている国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)農業環境変動研究センター(つくば市)の研究員で構成される学際的な連携講座で、農業環境変動研究センターの最新の研究施設を利用した研究教育を行なっています。


大気環境学研究室

教授 米村正一郎

大気と生態系の相互作用に関する様々な研究を行っています。生態系構成要素である土壌や植物による各種ガス(地球環境・地域環境に重要なガスや酸素、水素等)の交換過程に関する研究をフィールドおよび実験室で行っています。また、生態系での環境気象測定をチベットやマレーシアをフィールドとして展開しています。これらの研究内容は複雑であることと総合的・広域的な現象解明につなげるため、関係を整理しモデル化を行っています。さらに、これらの研究内容は極めて学際的ですので、他大学や他研究所との連携により推進されています。

連絡先等

029-838-8206
http://www.niaes.affrc.go.jp/researcher/yonemura_s.html
yone@affrc.go.jp


土壌環境学研究室

教授 山口紀子

土壌中に存在する化学物質には、動きやすく、植物に吸収されやすいもの、動きにくく土壌に蓄積していくものがあります。土壌中での動きやすさを決める鍵となるのは、物質の化学形態です。物質の化学形態は、土壌環境に応じて変動します。本研究室では、ヒ素や放射性核種などの有害化学物質がどのような化学形態で存在し、土壌構成成分や肥料元素とどのように影響しあっているかについて研究しています。また、土壌の機能などミクロな世界の研究についても、シンクロトロン放射光や高磁場核磁気共鳴装置など最先端の分析装置を用いて挑戦しています。

連絡先等

029-838-8315

nyamag@affrc.go.jp


物質循環学研究室

教授 白戸康人

土壌~植物~大気という環境中における物質の流れのうち、土壌を中心とする炭素や窒素の循環メカニズムを解明し、モデル化を行い、土壌への炭素貯留による大気中二酸化炭素(CO2)の削減や、温室効果ガスであるメタン(CH4)や一酸化二窒素(N2O)の削減技術開発につなげる研究をしています。土壌は農業生産のみならず人間が生存していくための環境の基盤です。生態系における土壌の役割と意義を明らかにし、持続的な農業生産や環境への負荷低減技術の開発に役立てるための研究を行っています。

連絡先等

029-838-8142

yshirato@affrc.go.jp


生態系計測学研究室

教授 山村光司

農業生態系には害虫,病原菌,鳥獣などの環境生物が生息しており,それらを制御するためには,その個体数や拡散距離などを推定する必要があります。本研究室では,そのための統計手法の開発と取り組んでいます。最近では推定の際に「Bayes(1763)流のベイズ推定法」が用いられることが多いですが,この手法には致命的な欠陥があるため,これに代わるものとして「経験ジェフリーズ事前分布を用いた最尤推定法」を提案しています。また,近年では海外から害虫や病原菌などが日本の農業生態系に侵入する危険性が高まっており,そうしたリスクを制御するためのサンプリング検査で必要となるサンプル数の計算法とも取り組んでいます。

連絡先等

029-838-8794
http://cse.naro.affrc.go.jp/minaka/index_j.html
yamamura@affrc.go.jp