協力施設 放射線環境工学

「放射性物質の挙動を把握し汚染地域の農業復興に寄与する」

本協力施設は、東京電力福島第一原子力発電所事故で放出した放射性物質 (主に放射性セシウム)で汚染した地域の農業復興に寄与する研究を行ってい る。
 具体的には、主要な農産物であるダイズの放射性セシウムを吸収する仕組 みや体内分布について、品種間の放射性セシウムを吸収する能力の違いや、 異なる栽培条件下(例えば施肥量の違い等)での放射性セシウムの吸収、ダイ ズの根に付着している菌の影響等について検討している。さらに、放射性セ シウムの吸収に関する遺伝子探索を目的とし、ダイズの先祖になるツルマメ なども含めて、様々な遺伝子型同士からなる集団についても試験を行ってい る。また、農林生産環境における放射性セシウムの動態を解明するため、土壌、 水、大気中の放射性セシウムを測定し、その挙動についても解析している。  これらの検討には、福島県内の圃場、農学生命科学研究科附属生態調和機 構(農場)、牧場で実際に作物を栽培して実験を行っている他、ラジオアイソ トープを用いて研究室内での実験も行い、農産物中の放射性セシウム濃度の 変動要因の把握に努めている。

▲Cs濃度の違いがダイズの
生育に与える影響
▲開花期付近のダイズの生育
▲水田のCs収支を測定するための観測装置

  • 放射性セシウムの農業環境中における挙動把握
  • 放射性セシウムの植物体内挙動、吸収メカニズムの解明
  • 放射性セシウム吸収低減技術の開発

教員

准教授 二瓶 直登

連絡先等

03-5841-7882
http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/radio-plantphys/ret/index.html
anaoto@mail.ecc.u-tokyo.ac.jp