連携講座 エコロジカル・セイフティー学

連携講座(エコロジカル・セイフティー学)

グローバルな地球温暖化などの原因により、それぞれの地域での農業生産を巡る自然条件が変化し、農業の持続的生産や農村環境が大きな影響を受けることが危惧されています。エコロジカル・セイフティー学講座は、全部で4つの専門分野(研究室)で構成される大学院の講座で、生物・環境工学専攻に大気環境学・土壌環境学・物質循環学・生態系計測学の4研究室が置かれます。本講座は安全な農業生産の基礎となる環境について基盤的かつ先進的な研究を進めている国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)農業環境変動研究センター(つくば市)の研究員で構成される学際的な連携講座で、農業環境変動研究センターの最新の研究施設を利用した研究教育を行なっています。

大気環境学研究室

教授 米村正一郎

大気と生態系の相互作用に関する様々な研究を行っています。生態系構成要素である土壌や植物による各種ガス(地球環境・地域環境に重要なガスや酸素、水素等)の交換過程に関する研究をフィールドおよび実験室で行っています。また、生態系での環境気象測定をチベットやマレーシアをフィールドとして展開しています。これらの研究内容は複雑であることと総合的・広域的な現象解明につなげるため、関係を整理しモデル化を行っています。さらに、これらの研究内容は極めて学際的ですので、他大学や他研究所との連携により推進されています。

連絡先等

029-838-8206
http://www.niaes.affrc.go.jp/researcher/yonemura_s.html
yone@affrc.go.jp

土壌環境学研究室

教授 八木一行

土壌は農業生産のみならず人間が生存していくための環境の基盤です。本研究室では、生態系における土壌の役割と意義を明らかにし、農業活動にともなう土壌の劣化や環境負荷を軽減するための方策について研究を進めています。特に、土壌中での炭素と窒素の循環メカニズムに着目し、温室効果ガスであるメタン(CH4)や一酸化二窒素(N2O)発生を削減する技術開発を行うとともに、大気中二酸化炭素(CO2)を固定する土壌機能の活用方策を研究しています。

連絡先等

029-838-8326
http://www.niaes.affrc.go.jp/researcher/yagi_k.html
kyagi@affrc.go.jp

物質循環学研究室

教授 山口紀子

物質循環は、生態系や私たちの生活を支える基礎です。人間活動のインパクトが巨大化している現在、物質循環の現状を把握するとともに、その適正な管理や保全が必要になっています。本研究室では、小笠原諸島、秋吉台、阿蘇などを研究フィールドとして物質循環研究に取り組むとともに、生物多様性や生態系サービスとの関係について研究しています。また、物質循環を支える土壌の機能などミクロな世界の研究についても、高磁場核磁気共鳴装置など最先端の分析装置を用いて挑戦しています。

連絡先等

029-838-8315

nyamag@affrc.go.jp

生態系計測学研究室

教授 三中信宏

本研究室では、生物多様性に関係するさまざまなデータの統計的データ解 析を中心に研究を進めています。生物多様性の「いま」を知るためには進 化的な「歴史」を客観的に推定する必要があります。遺伝子の塩基配列情 報や形態のもつ定量的情報からどのようにして生き物の「過去」を復元する か--そのための系統樹の推定法を開発しています。さらに、生き物の「か たち」を数学的・統計学的に分析する形態測定学や生態系の中での複雑 な生物現象を記述するための統計モデリングも行なっています。

連絡先等

029-838-8224
http://cse.naro.affrc.go.jp/minaka/index_j.html
minaka@affrc.go.jp